地盤改良で確かな安全性|土地購入の前に調査で安心

土のう

優劣を決める

工事現場

強制圧密脱水工法による地盤改良は、上から重みをかけることで、軟弱地盤の中の水が排出されて、安定した地盤が形成されるという考え方です。重みは、重ければ重いほど、早く強く効いてくることになります。

More Detail

地耐力を知る為に

工事

地盤のの強さの指標となる地耐力

軟弱地盤に家を建てる事は、建物の倒壊や地震が起こったときの被害の拡大にも繋がるので、軟弱地盤に家を建てる際には地盤改良を行う必要があります。地盤改良をするときの目安になるのが地耐力です。地耐力は地盤の地盤のの強さの指標となるものなので、なるべくなら調べておきたい項目です。しかし、宅地のようなところ以外は、土地の保証などがないため事前に知る事が出来ないのです。地盤改良の有無を調べる調べる事の為だけに、調査を行うわけにも行かないので、土地を購入する際には立地などからおおよその事を判断してみるといいでしょう。

調査をせずおおよその判断をする

地盤改良の有無を決める地耐力を知る為には、調査を行う必要があるのですが、立地などからでもおおよその事を知る事が可能です。例えば、近くに河川がある様な場合や沼などを埋め立てている場合には注意が必要です。この様な土地は、軟弱地盤である可能性が高いので、地盤改良を行う必要があります。土地を購入する場合は、土地の所有者などに確認をするといいでしょう。また、周辺に住宅がある場合には、建物にヒビなどが入っていないかなども確認するのも一つの指標になります。だだし、地耐力は少し離れているだけでも変わってしまうので、これら全てで決定してしまうのは要注意です。またこれ以外にも、調査を行わず地耐力を知る方法が存在します。それは、以前に地盤の調査を行っている場合ですが、この様な調査結果は土地の所有者や役所などで保管している可能性があるので、土地を購入する場合には確認しておく事をお勧めします。しかし、あまりにも古い調査結果はあまり当てにならないので、参考程度にとどめておいた方が無難です。

頻繁に用いられる工法

井戸

根切り底が軟弱で、基礎の支持力が十分には確保できないというような場合や、施工が困難な場合などに有効で、しばしば用いられているのが、表層改良工法による地盤改良です。浅層混合処理工法とも呼ばれています。

More Detail

開発の流れ

作業員

温泉開発を行う業者は全国でも数多く存在します。依頼は主に自治体や企業などからとなっており、ボーリング調査も頻繁に行って様子を見ているのです。業者は複数で見積もりを出してもらってから決めましょう。

More Detail

Copyright© 2016 地盤改良で確かな安全性|土地購入の前に調査で安心 All Rights Reserved.