地盤改良で確かな安全性|土地購入の前に調査で安心

作業員

頻繁に用いられる工法

井戸

表層改良で支持力向上

浅層混合処理工法では、軟弱な地盤に直接セメント系の固化材を散布します。そしてそれを、バックホウやスタビライザーを用いて、土と混合、攪拌することによって、地盤の支持力を向上させるという地盤改良の工法です。いわゆる支持力破壊の防止というのが、この工法の最大の目的となっているのですが、それと同時に、地盤改良部分の応力を分散させる効果もあります。そのため主に、不動沈下の問題が少ない軟弱地盤において、頻繁に採用されている地盤改良工法です。

うまく固まらない場合は注意

土と混合する固化材は、室内配合試験では少量で固化するため、現場でも同じように低配合にしすぎてしまうと、十分に固化しないというトラブルが起こってしまいます。現場と室内とでは混合や攪拌の方法が異なるため、現場では室内配合試験の数倍の固化材料が必要になると言われています。施工条件の十分な確認が必要となります。また、改良深度よりも浅い位置に地下水がある場合には、混合攪拌時に掘削部に水が集中して、プールのようになってしまうことがあります。このような状況で無理に施工をすると、水セメント比が大きくなりすぎてしまい、固まりにくくなります。この工法による地盤改良は現在、地下水位よりも深い位置での施工は、あまり行われません。また反対に、極端な乾燥土の場合にも、水和反応が起こらずに、固まらないケースがあるため、事前の十分な検討が大切になります。

Copyright© 2016 地盤改良で確かな安全性|土地購入の前に調査で安心 All Rights Reserved.