地盤改良で確かな安全性|土地購入の前に調査で安心

作業員

優劣を決める

工事現場

強制圧密脱水工法による地盤改良

上から重みをかけると良いとされている強制圧密脱水工法ですが、土が破壊しないように、注意しながら行うことも大切になります。通常、現場では、この重みには盛土を使用します。最終的な計画よりも高くまで盛土をすることで、地盤に大きな荷重をかけるという工法です。この強制圧密脱水工法による地盤改良は、プレロード工法、サーチャージ工法などとも呼ばれていて、軟弱地盤での造成工事で、一般的に採用されています。この工法を用いる際に、気をつけておかなければならない、もっとも重要なポイントは、地下水の管理です。これの良否が地盤改良の優劣を決めるとも言われています。

強制圧密脱水工法の排水の仕方

排水される軟弱地盤は、粘土などのような水が通りにくい土質のものが多くなっています。そのため、上から重みをかけただけでは、なかなか思うように排水はできません。そこで、この地盤改良工法では、粘土の中に水の通り道をつくり、それによって促すことで、短時間に排水が行われるようにします。この水の通り道には、主に、透水性の高い砂が用いられます。粘土などの中に、砂の柱をつくり、そこから水が排水されるようにします。これは一般に、サンドドレーン工法とも呼ばれています。ただ、圧密による沈下量が大きい場所では、この砂の柱が折れてしまったり、切れてしまったりして、排水の道が連続しないというケースもしばしば起ります。そのため、砂の柱の周囲を、プラスチックなどで保護する工法も多用されています。

Copyright© 2016 地盤改良で確かな安全性|土地購入の前に調査で安心 All Rights Reserved.